葬儀に関するオススメ記事

お花

葬儀費用の相場

これから中原区で葬儀をしようと考えている方は、葬儀にかかる費用の相場を知ることで、高額な葬儀費用を請求されてしまうことを防ぐことが出来ます。全国平均の葬儀費用が減少傾向にあるのは適正な葬儀を行なっているからだといえます。

READ MORE
遺品整理

遺品整理の生前予約

最近は、一人暮らしの高齢者が増えていて、遺品整理を生前に予約する方も増えてきています。東京でも生前予約をすることが出来るので、気になる方は見積もり相談から行ないましょう。

READ MORE
和室

遺品整理の違い

不用品回収業者と遺品整理業者はよく一緒だと勘違いされてしまいますが、遺品を細かくチェックしてくれるかどうかの違いがあります。福岡にはどちらの業者もいますが、予算は少ししか変わらないので、遺品整理業者を選びましょう。

READ MORE
参列者

葬式の流れ

葬式は突然行なわなければいけない時もあるので、あらかじめ流れを確認しておくことで、焦らずに葬式を行うことが出来るでしょう。紹介している葬式の流れは埼玉や柏原でも同じになっています。

READ MORE

葬式へ参加する時に気を付けるマナー

喪家側の男性の服装編

無地白のシャツを着てネクタイは黒無地を着用し、上からシングルかダブルの黒いスーツを着ます。ネクタイピンや派手なアクセサリーは避けるようにしましょう。光沢感が少ない靴と黒無地の靴下を選び、裾はシングルにしましょう。

喪家側の女性の服装(洋装)編

髪飾りを着用しないように髪をまとめますが、どうしても着用する場合はつや無し黒を使用したリボンやバレッタを選びましょう。化粧を濃くし過ぎないようにし、結婚指輪以外のアクセサリーの着用を控えます。ストッキングは黒を着用しスカートの丈は長めにすると良いでしょう。上着は長袖で靴やバッグは、出来れば布製の黒いものを使用しましょう。

喪家側の女性の服装(和装)編

和装を着用する場合は、季節に適している素材で作られた着物を着て、結婚指輪以外のアクセサリーを着用しないようにしましょう。半襟と足袋と襦袢は白いものを着用し、それ以外のものは基本的に黒で統一するのがポイントです。着物を借りる場合は必ず家紋を入れるようにしましょう。

参列者の服装編

女性の服装は、洋装なら黒などの地味な色のスーツやワンピースを着用するようにしましょう。和装の場合は、派手な色を避け柄が入っていないものにし、帯は黒を着用します。男性の服装も地味な色のブラックスーツやダークスーツでネクタイと靴下は黒にしましょう。

持ち込む小物編

手袋は黒で布製のものを着用するのですが、焼香の時は必ず外しましょう。ハンカチはフォーマル用の無地で白か黒のものを使用し、色付きのものは避けましょう。傘も黒などの地味な色のもので、派手すぎないものを使用しましょう。

葬式の服装

合掌

スーツなどの服装を用意出来ない場合

一般の参列者として参加する場合や、急に開かれた葬式であればカジュアル過ぎてしまわないような服装でも大丈夫になります。黒などの地味な色のアンサンブルや黒のブラウスやスカート、パンツを履いていけば大丈夫ですが、サンダルやブーツは避け、せめてパンプスにしましょう。

着用してもいいアクセサリー

女性は葬式でもアクセサリーを付ける方が多いですが、基本的に涙を想像させる白のパールを着用します。一連になっているネックレスや一粒しかついていない形のイヤリングを選びましょう。白のパールの他には、黒のパールやブラックオニキスでも大丈夫ですが、やはり派手なものは着用しない方がいいでしょう。

広告募集中