葬式の流れ|お葬式をする時に役立つ情報を知っておこう

sougi.net

葬式の流れや注意するべきことを確認しよう

葬式の流れ

参列者

あらかじめ確認しておく

葬式がどのような流れで行なわれているのか、何をしなければいけないのかを確認しておく事は大事です。実際に葬式を行う時になれば葬式の担当者がサポートしてくれますが、事前に知っておくことにより、不安を消すことが出来るでしょう。葬式業者は柏原にもあります。

お亡くなりになってからの流れ

亡くなってから葬儀社に連絡を入れますが、この時に病院名や亡くなった場所を伝ることを忘れないようにしましょう。その後に葬儀社の準備ができ次第、病院から自宅か葬儀社の方に移動されます。

手続きや連絡を行う

喪主などの役割を決めて、葬式の担当者と打ち合わせを行ないますが、一緒に死亡届や火葬許可書などの書類の記入や届け出の手続きなどを行ないます。喪主になられた方は亡くなられた方の職場などの関係者へ連絡を入れたり、供え物の手配をしたりします。

通夜での流れ

一般的に通夜は夜の18時から行なわれることが多いです。通夜の始まる2時間前に受付や会場の準備を行ないます。大体19時には閉式をして、そのまま通夜振る舞いを行ないます。通夜振る舞いは1時間程度で終わるので、そうしたら通夜も終わりになります。

葬式での流れ

葬式は大体朝から行われることが多いです。朝の9時に受付準備を初めて、葬式が10時から始まります。葬式では読経や焼香などが行なわれますが大体1時間以内には終わります。11時からは火葬を行ない、12時から骨上げを行ないます。これが葬式での一連の流れです。

広告募集中